スポンサーリンク

KONAMIの音ゲーの特許が切れるとどうなる?

おはようございます。MITSUYAサイダーの「EXTRA REFRESH MANGO」がとてもおいしい。しっかりマンゴーの風味がして夏にぴったり。一度飲んでみるとええでーーーーーーーー

管理人Aです。

巷で話題になっている「KONAMIの持っている音ゲーに関する特許が7/31に切れる」という話を軽くまとめたいと思います。

知能指数が-45ぐらいなので難しい話ができません。それぐらいの頭の文章になります。

特許とは?

特許とは、「発明」を保護する制度です。特許制度は、発明をした者に対して、国が特許権という独占権を与えることで発明を保護・奨励し、かつ、出願された発明の技術内容を公開して利用を図ることで、産業の発達に寄与することを目的としています。
特許を受けるためには、発明について特許庁に特許出願をし、特許庁の審査をクリアする(特許査定される)ことが必要です。特許査定されると、出願人がその発明についての特許権を取得し、出願日から原則として20年間、当該発明の利用を独占することができます。

https://business.bengo4.com/category5/practice299 BUSINESS LAWYERS より引用

つまり「発明したものとか、発見したものは20年間はお前のもんやで」ってことですね。

じゃあ特許が切れたらどうなるの?

みんな使えるようになります。おクスリの特許以外は延長ができないんです。

その「特許切れ」が2018/07/31に来るっていうわけですね。

コナミの音ゲーの特許とは?

結論から言うとこれです↓

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7506/lib/JP-B-2922509.html

これを全部読めば特許の内容が切れるものがわかります。

 

・・・

 

いや、なんやねんこれ!!小説家もびっくりの読みにくさ!!

 

 

ただただ読みにくいので本当に軽く、重要そうなものだけ、まとめようと思います。(僕もあんまりよみたくないので。)

・操作部分が突出している(赤い部分が突出していて、青の部分に空間がある)

・押した音によって音が変わる(たぶんキー音)

・コントローラーとしてのディスク、とキー音としてのスクラッチ音

・プレイの内容によって電飾の色が変わる

・プレイ中にBPM、BPM変化を表示する(?)

・ランダムやSUDDEN、HIDDENなどの譜面に対するオプション

などがあります。(本当にパパっと抽出したのでまだまだいっぱいあります)

これらの特許が切れることによって他社の音ゲーにおいてこういったものが自由に使えるようになります。

 

つまりチュウニズムでサドプラをかけれたり、グルコスにBGM表示がされたりできるということですね。

また新しい機種が出てくる際の機種の形などももっと進化できるのでは?と思っています。

切れた瞬間に一気に変わるということはなさそうですがKONAMIさんの機種含めいろんなゲームがもっと楽しくなればいいなと思っています。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。